離乳食スタートのタイミング

離乳食スタートのタイミング

離乳食をいつ始めたら良いのか、悩むお母さんは少なくありません。

赤ちゃんが生後5〜6ヶ月になるとゴックン期に突入することになります。

ゴックン期とは、その名称が示している通り、ゴックンができるようになるという意味です。

家族やお母さんが食事をしている時の、赤ちゃんの反応をよく見ましょう。

家族が食べている動作のマネをしてモゴモゴと口を動かしているのではないでしょうか。

周りの人が食べる様子に興味を示していたら、離乳食スタートのタイミングです。

離乳食を口に入れたら、母乳やミルクを飲む場合とは異なる方法で行わなければいけないでしょう。

初めから苦労せずにできることを希望せずに、のんびりと構えてください。

当初は、口内で下を動かしつつゴックンすることを目標に掲げていきましょう。

それから、バラエティーに富んだ食材で、食事の楽しさを実感できるように気を配りましょう。

食べてくれないのでスタートできなかったり、スタートは良かったのにピタッと食べなくなってしまうことも良くあるケースです。

離乳食のスタートが円滑にいかなくても気にしすぎずに、赤ちゃんのペースを乱さずに行っていきましょう。

ベタベタ状にした食材をトラブルなく飲み込めたら、ゴックン期が済んだということです。

離乳食の分量については、おかずと主食で子どもサイズの茶碗で半分程度が適量でしょう。

1日の食事のうち、2回を離乳食にできればステップアップしても支障はありません。

不安なお母さんは、ゴックン期卒業を見極めるレシピなどもありますので、それを活用するのがお勧めです。