ゴックン期の離乳食

ゴックン期の離乳食

赤ちゃんが生後5〜6ヶ月に達すると、ゴックン期の離乳食に挑戦できるまで大きくなっています。

ゴックン期となると、きちんと飲み込むことができるようになるのを目指します。

これまでは母乳やミルクなど液状のものを口にしてばかりでしたが、これからはドロッとした食感の離乳食を飲み込むことができるように頑張るのです。

赤ちゃんの口内において、舌の動きは前後のみに限定されています。

やわらかい離乳食が口の中に入り込むと、口を強く閉じて飲み込もうとします。

多少時間は要しますが、まずは1さじ口に含んで飲み込むことができれば大丈夫なので、急がずにステップアップしていきます。

ゴックン期の後期に差し掛かる頃には、液体のようにトロトロの状態よりもマヨネーズに近いやわらかさに変えていきます。

小さい皿に盛って、スプーンでそれをなぞり線が残るほどの状態が良いでしょう。

最初はスプーン1杯だけですから、母乳やミルクを飲みたそうにするので、その際は、飲みたがるだけあげても問題ありません。

過度にお腹が減ってしまうと、楽に飲むことができる母乳やミルクを欲することもあります。

そんなときは、離乳食をいつもの食事の時間より早い時間帯に食べさせるのが良いでしょう。

ゴックン期での食事の数は、はじめてひと月ほどは1日1回で十分です。

ひと月経って十分に食べられるようなったら、2回に増やします。

赤ちゃん自身、そしてお母さんが挑戦できるスケジュールを組んで、焦らずに進めることが大切です。

この時期は、メニューが同じものばかりでも構いません。

さらに、ベビーフードなども適宜使って、効率よく進むように工夫しましょう。

授乳中はまだ脱毛サロンに通うことはできませんが、卒乳してから通うサロンを今から検討しませんか?岐阜にある脱毛サロンで満足度の高いサロンはこちらです。
http://www.xn--nitt96af7pcet.biz/