モグモグ期の離乳食

モグモグ期の離乳食

月齢が7〜8ヶ月の赤ちゃんは、モグモグ期に移っていきます。
モグモグ期に進んだら、離乳食もそれにマッチしたメニューに移行していきましょう。
ゴックン期の状態で問題がなければ、モグモグ期用の食事にしてみましょう。
モグモグ期に達した赤ちゃんは、口内で舌を自由自在に動かすことができるので、舌の上で離乳食をすりつぶします。
それと舌の動きでつぶしたものを、まとめることで飲み込みやすくする能力も持っています。
モグモグ期に食す離乳食については、豆腐をイメージするとわかりやすいはずです。
始めてから慣れるまでは絹ごし豆腐で、後半は木綿豆腐が目安になります。
ゴックン期からモグモグ期へ移る場合は、さらに慎重に進めていきます。
離乳食スタート間もない頃のように、一さじずつから始めます。
モグモグ期に移行すると、メニューが増えて1回の食事でにんじんや豆腐、おかゆなど何皿か並べるようになります。
全部を自分で作ると大変なので、ベビーフードを購入して取り入れましょう。
ベビーフードを積極的に食べるとがっかりするお母さんもいますが、それであれば、赤ちゃんの好きなベビーフードを参考につくってみましょう。
風味や固さなどに関して、自分で作った離乳食と何が違うのか、試食してみるのもおすすめです。
身体のコンディションによっては、スムーズにいかないこともあります。
食欲があまりないようなら、メニューを後戻りして食べさせる必要があります。
離乳食への関心が薄れてきているようなら、思い切ってカミカミ期に移行するのも手段として挙げられます。