カミカミ期の離乳食

カミカミ期の離乳食

生後9から11ヶ月の赤ちゃんは、カミカミ期に相当します。
カミカミ期に入ると、歯ぐきで離乳食を食べることが可能になります。
舌で食べ物をつぶすことも多いのですが、食べ物がかたいと歯ぐきでつぶそうとします。
手づかみで食べたがり、そのまま自分で口に持っていくものの、入れる量を制限できないため、口の中がいっぱいになってしまいます。
そうは言っても、自ら口に入れることで、食べやすい量が分かるようになります。
口に入れた食べ物を舌で右や左に食べ物を寄せることもできて、歯ぐきを用いてつぶして飲み込むのです。
カミカミ期の離乳食については、バナナ程度のかたさと覚えておくとすぐに理解できるでしょう。
薄く切ったり、細長く切ったり、粗めのみじん切りにするなど、大きさに変化をつけてあげてみます。
カミカミ期に移行すると、離乳食の回数が3回に増えますが、朝、昼、夜と決まっているということではありません。
離乳食に加えて母乳やミルクを必要とするので、比較的時間に余裕がある時に離乳食を与えます。
カミカミ期の目的は、離乳食を栄養を摂る手段にすることです。
まだ全てを離乳食からというのは無理ですが、目安としては6割の栄養を離乳食で摂取できればよいでしょう。
離乳食が3回になると、お母さんにとってはメニューを決めるのが悩みになりますね。
ベビーフードはとても役立つアイテムですが、この時期は食べる量も増えるので、ベビーフードばかりでは金銭的な負担が大きくなってしまいます。
そのような場合には同一の食材でも、違うだしを使うと味の雰囲気が変わるので、色々なだしや味付けを試してみましょう。
醤油味・味噌味・ミルク味や、洋風・和風、中華風など、塩分の摂取過剰に注意して使っていきましょう。