パクパク期の離乳食

パクパク期の離乳食

赤ちゃんの月齢が12ヶ月から18ヶ月くらいになると、モグモグ期の離乳食を食べ始めます。
この段階になると自分が食べている物から取り分けて、離乳食用に作り変えることが可能なので、お母さんにとっては、やりやすくなります。
口の中の食べ物を舌でコントロールできるようになり、かむ行為も上手になってきます。
子供が成長していく上で咀嚼は、欠かせないものなので、かむことを重視して離乳食を作ってあげましょう。
かたさについては、ハンバーグのやわらかい感じを目安にして作るのがおすすめです。
この後のパクパク期まで進んだときは、大人と同じ朝昼晩の食事間隔にしていくように目指しましょう。
10時と3時に与えていたおやつについては、無理に与える必要はありません。
とりわけ、10時のおやつは、お昼御飯が入らなくなる場合もあるので、与えるのはやめましょう。
カミカミ期では6割ほどの栄養をとるのが目標でしたが、パクパク期に入ると離乳食の重要度が高まります。
栄養のおよそ8割は離乳食で摂取することを目指して進めていきましょう。
パクパク期になると、カミカミ期以上に自分の手で食事をしたがるようになり、スプーンを持って口に運ぶようになります。
パクパク期の食事は、どこそこにこぼすので遊んでいるようにも思えますが、食事の時間を楽しんでもらうのも大切です。
パクパク期の間は、口に入れる量を判断する力はないので、何度もむせたりします。
食事の度に掃除をしなくてはいけないので骨が折れると思います。
それも、パクパク期では勉強の一つですので、喉などに詰まることがないように気をつけてあとは許してあげましょう。
もう少しすれば、器用に食べることができるでしょう。