離乳食に適した食材

離乳食に適した食材

離乳食とは、かたくさえなければどの食材を選んでも大丈夫というわけではありません。
赤ちゃんの消化器官が未熟なうちに食べるのが離乳食ですから、発達した消化器官を持つ大人と同様の食材では、赤ちゃんに負担がかかることになります。
そのことを踏まえて離乳食を用意してあげましょう。
基本となる離乳食は白米で炊いたおかゆです。
玄米の方が栄養価が高い食材なのですが、赤ちゃんにとってみればよい食材であるとは限りません。
玄米や胚芽米はかたくて、消化されるまでに時間を要するので、白米で作る方が良いでしょう。
それと、生のままの食材は赤ちゃんは抵抗力がないので食べさせるのは良くありませんし、タコやイカが原因となりアレルギーになる事もあり得るので、離乳食には不向きです。
食材として魚を使うなら、刺身用の魚を煮るようにして小骨だらけの魚はやめましょう。
さらに、塩分が多い食材については、完了期を迎えるまで使用しないのが望ましいです。
漬物、チーズ、ウインナー、ハムなどよくある食材でも塩分量は高めのものが多いので、適当に用いてはいけません。
だしの素やスープの素を入れる際も、塩分量を確認して使うようにしましょう。
離乳食用のだしがあるので、できればそれを使ってあげるとよいでしょう。
刺激の強い香辛料は離乳食には必要ありません。
通常のインスタント食品は、添加物や塩分・脂分がとても多いので、赤ちゃんに食べさせてはいけません。
市販されているお菓子や缶詰も赤ちゃんの未熟な消化器官には負担がかかってしまうのです。
離乳食の味付けが難しいと思ったら、離乳食のための調味料があるので利用すると良いでしょう。